ゲーミフィケーションと特典付与でファーストパーティデータ獲得

Share on linkedin
Share on twitter
Share on facebook
Experoences_Loyalty_事例_500x500

ビジネスの成長や拡大を目指すにあたり、新規顧客の獲得は欠かせません。しかし、この目標をどうやって達成するかということに頭を抱えているマーケティング担当者は少なくありません。解決策のひとつとして、ゲームやアニメーションを活用したコンテンツを提供することで、施策への参加率を上げ、新規顧客の獲得に繋げていくことができます。
この記事では、ゲームと特典付与を合わせた施策事例をご紹介します。

事例:Salling Group社のスピンホイール導入

デンマーク最大の小売企業であるSalling Group社は、複数のeコマースビジネスと4つの小売チェーンを運営しています。欧州4か国で1,400を超える店舗には、毎週900万人の買い物客が訪れます。新規顧客や会員を獲得するために、同社ではスピンホイールを利用したゲームコンテンツを提供して、抽選で魅力的な特典を提供しています。

キャンペーンの目的参加者にオファーを提供することにより、
■ 非会員の場合、ゲームの体験後での登録でファーストパーティデータの獲得
■ 会員の場合、体験後でのフォーム入力で、既存のIDと連携
キャンペーンの内容キャンペーン期間中に1日1回プレイ可能なスピンホイール
■ 「当たり」なら、特典が獲得でき、翌日に再度チャレンジできる
■ 「ハズレ」なら、翌日に再度チャレンジできる
特典の例■ 無料で付与する特定商品:飲料水、お菓子、など
■ 来店時の買い物で使える割引クーポン:5%、10%、15%、20%、など
Salling Groupのブランドの一つFøtexでのキャンペーンページ
スピンホイールを回して、ゲームを楽しめる
スピンホイールを回して、ゲームを楽しめる

Cheetah Digitalの支援

Salling Group社が実施したゲーミフィケーションとオファー提供の組み合わせは、Cheetah Digitalの製品で企画から実施まで短期間で実装できます。Cheetah Experiencesできれいなアニメーションを含めたゲーミフィケーションのテンプレート “Spin to Win” がすぐに利用できます。Cheetah Loyaltyで柔軟にハードベネフィット(例:割引クーポン、商品無料提供クーポン、など)とソフトベネフィット(例:新商品発表会イベントへの参加特権、高階層会員のみ参加可能セミナーへの参加特権、など)のオファーを提供できます。
ゲーミフィケーションを利用して参加者のファーストパーティデータおよびゼロパーティデータを効率的に獲得することで、今後のセグメンテーションなどに大いに活用できます。

Cheetah Experiencesのすぐ利用可能なSpin to Winテンプレート
Cheetah Loyaltyのオファー管理画面

機能の詳細については、リクエストフォームにてお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。 ​

Scroll to Top